固定費のみやりくりで簡単!家計管理の仕方

みなさんは家計管理ってどうやっていますか?

我が家は、私が仕事を辞めてから主人の給料のみでの生活がスタートしました。

お恥ずかしながら、しばらくはずっと赤字でした。

  • 働いていたときと同じ気分でお金をあるだけ(時にはそれ以上)使っていた
  • 子どもが生まれることを言い訳にベビー用品など買い集めていた
  • 家計簿をつけているから大丈夫だと思っていた

と今考えれば思い当たることがありすぎる…

ちなみに、家計簿を書いているのになんで?どうして赤字になるんだろう?と思い始めたのはつい最近です。(遅い)

我が家の家計を整えたときにしたことをすべてまとめてみようと思います!

これから家計を整えたいと思っている方必見です~!

家計管理の仕組みづくり

子どもが生まれて出費は増。

家計簿はやめたくないのに時間がない!と思ったので、仕組みを簡素化できないか考えてみました。

今までは、収入と支出全てを毎月書いて、記録に残して…

それじゃ時間が足りなかったので、変動費だけやりくりしてみることに。

それが大正解!!

今は変動費の部分6万円を毎月主人から受け取り、6万円をやりくりしています。

変動費を見つけるまで、私が実際にやった手順は以下の通りです。

  1. 固定費の洗い出し
  2. 変動費のうち何にどれくらいお金をかけているのか確認
  3. 変動費の中の予算をザックリ決定
  4. 変動費の仕分け

を主人を巻き込みながらやってみました。

つむぎ

今までの家計簿のおかげで何にどれくらい使っているのか予算を立てやすくて助かったよ~

家計管理の手順

仕組みを見直してみたので、あとは実践です。

やりくり費は変動費のみ、と決めたので家計管理がぐっと楽に。

私が実際にしている家計管理の仕方をまとめてみました。

用途別に仕分け

最初はいくつかの項目に分けていましたが現在はザックリと分けています。

生活費(変動費)6万円の内訳は、

  • 先取り貯金…3000円
  • ガソリン代…1万
  • 新聞代…3000円
  • 息子習い事…2000円
  • 現金…12000円
  • 生活費…3万円

の6つにしています。

食費や子ども費の予算を立てても、離乳食が始まったりと計画通りにいかないことが多くなったので上記以外のものはすべて一緒にすることにしました。

つむぎ

その方が、予算をはみ出すことがなくなったからストレスが軽減されていい感じ!

ちなみに、我が家の先取り貯金は生活費をやりくりした3000円。

少ないけど今の我が家にはこれが精いっぱい。

この3000円は、老後貯金用に手をつけない貯金として貯めています。

現金と口座にいれるものを分ける

最近のキャッシュレスの波に乗っかり、カードが使えるところはほぼキャッシュレス化!

ただし、クレジットカードだと

  • 引き落としまでに時差がある
  • 使いすぎてしまう

と思ったので我が家はデビットカードを使っています。

他にもお得な支払方法はあるけど、家の近くにセブンイレブンがあるのでセブン銀行を使っています。

生活費をセブンのデビットカードでするだけで、平均して120ポイントがnanacoで返ってきています。

MEMO
デビットカードとは、カード利用と同時に口座からお金が引き落とされるカードのこと。

2019年7月からイオン銀行に乗り換えました!

イオン銀行はゆうちょ銀行と提携しており、手数料0で使える!

自宅近くにゆうちょもあるので、利便性も◎でした。

生活費用口座に振り込み

最後に忘れずにセブン銀行の口座へ生活費を入金!

3万円を振り込んでいます。

現金を残しておく理由は、LINE PayやPaypayなどお得な支払方法があるときはそちらを使っているためです。

使った分をすぐに使った口座に移し、キャッシュバック分は私のお小遣いか生活の足しにしています。

貯金管理について

家計管理を始めるまで、ひとつの口座にすべての貯金を入れていました。

つむぎ

でも、大型家電を買ったりすると一気に貯金が減って気分が下がる…

そこで、使い分け口座を作り貯金も用途別に分けてみることにしました。

  • 特別費
  • 車の保険・車検
  • 老後貯金
  • 住宅ローン繰り上げ返済用
  • 旅行貯金

の5つが我が家には必要な口座でした。

新たにいくつも口座が増えるのは嫌だったので、住信SBI銀行を選びました。

住信SBI銀行を選んだ理由

住信SBI銀行はネット銀行です。

ひとつの口座(代表口座)の中に最大5つの口座(目的別口座)が作れる!

これが選んだ理由です。

我が家の場合は上記の5つの口座が必要なので、

  • 代表口座…特別費
  • 目的別口座…車の保険・車検用、老後貯金、住宅ローン用、旅行貯金

と分けて使っています。

さらにこの目的別口座は、それぞれ貯金目標や期間を設定することができます。

例えば、2020年1月までに50万貯めるという目標を設定すると、現在の残高と目標までの金額を表示してくれます。

つむぎ

口座がひとつで済むだけじゃなく貯金管理もできるからすっごく助かる!

鉄板!家計管理セット

私が使っている家計管理セットはこちら。

  • 通帳ケース
  • 小銭ケース
  • リサラーソンの袋分け手帳
  • 半透明のケース

これらを、バラバラにならないように小さめトートに入れてあります。

通帳ケース

こちらは楽天で購入しました。

本革なのに安い!使いやすい!のいいとこどりケースです。

今までお土産の空き缶に入れていたんですが、家計管理をするようになったらちゃんと収納したくなりケースを買い足しました。

小銭ケース

DAISOで購入しました。

新聞や子どもの習い事のお金を払いたいときに小銭がない!となりがちなのでケース収納しています。

リサラーソンの袋分け手帳

雑誌スプリングの付録のものです。

ずっと無印良品のパスポートケースが欲しいと思っていましたが、ちょっと高くて買えずにいたので付録で手に入れることができてラッキーでした。

つむぎ

無印のものよりかわいくてお気に入り♡

半透明のケース

Seriaで購入しました。

  • そこまで高額ではない特別費
  • 結婚式用のピン札

を2つのケースに分けて管理しています。

MEMO
家電の買い替えなど高額な出費は口座に貯金してある特別費から捻出しています。手元に置いておく特別費は母の日や誕生日ケーキなどのちょっとしたものを購入するお金です。

家計をじっくり見直してみて

毎月6万円のやりくりのみになったのでお金の流れがシンプルで分かりやすくなり、ストレスなく続けられています。

お金の流れが分かりやすくなったことで、今までは家計簿をただ書くだけになっていたことを痛感しました。

固定費を抜いた変動費をやりくりすれば、ズボラさんでも家計を管理していけるはず!

これから家計を握る方に届きますように。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!